なぜ、妊娠中は黒ずみができやすいのか?

更新日: 2017/08/02

妊娠したら脇の黒ずみが目立つようになったという人も多いでしょう。

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えるため、肌が黒ずみやすくなると言われています。

女性ホルモンの分泌量が増加した場合、メラニン色素を作り出す色素細胞のメラノサイトを刺激しやすくなるということです。

また、脇の黒ずみだけでなく、デリケートゾーンや乳首などの黒ずみが気になってしまうこともあるでしょう。

メラノサイトが活性化することでメラニン色素の沈着が起こってしまうため、さまざまな部分の黒ずみに繋がります。

また、人によっては黒ずみが発生するだけでなく、痒みや湿疹などの肌トラブルが起こってしまうこともあるでしょう。

黒ずみはホルモンバランスが関係しています

妊婦は脇の黒ずみで悩む人が多いのですが、これはホルモンバランスが変化してしまうことが関係しています。

妊娠すると体の状態が変化することになりますし、ホルモンバランスも同時に変化するということです。

特に15~20週を過ぎると女性ホルモンの分泌量かなり多くなります。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類がありますが、これらは黒ずみの原因であるメラニン色素を刺激するという働きがあります。

それによって肌にメラニン色素が増えてしまいますし、黒ずみやシミ、くすみとなって肌の表面に出てきてしまうということです。

特にワキや乳首、デリケートゾーンなどはもともとメラニン色素の多い場所ですし、黒ずみが発生しやすいと言われています。

肌の黒ずみは妊娠によってホルモンバランスが変化することが原因であり、全く起こらないようにするという方法はありません。

もちろん脇の黒ずみが起こっても全く気にならない人もいるのですが、体の一部だけ気になってしまうという人などもいます。

黒ずみが起こってしまっても出産してホルモンバランスがもとに戻ることで色素沈着は落ち着くと言われています。

黒ずみも少しずつ消えていくことになりますが、妊娠中でも外出する機会はありますし、やはり気になってしまうという人も多いでしょう。

脇の黒ずみをケアする場合

脇の黒ずみをケアしたいという場合、紫外線を防ぐことやきちんと保湿ケアを行うことが大切です。脇や乳首、デリケートゾーンなどは肌に弱いため、刺激に対して敏感と言われています。

特にムダ毛の自己処理などを行っていると黒ずみが発生しやすくなるので注意しましょう。ムダ毛が気になるけれど、黒ずみを発生させたくないという場合、エステサロンやクリニックで脱毛を受けるのがおすすめです。

エステサロンやクリニックではプロのスタッフが施術を行ってくれますし、肌に負担をかけることなくムダ毛を無くすことができるのです。

カウンセリングだけなら無料で受けることができますし、近くにあるエステサロンやクリニックを探してみると良いでしょう。

脇などの皮膚はデリケートなので保湿ケアを行うことも大切です。保湿ケアを行うことで肌のターンオーバーを整えることができますし、細胞を活性化させることで黒ずみを解消することに繋がるでしょう。

脇の黒ずみ対策!おすすめ保湿クリームはこちら


 

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

商品名薬用アットベリーピューレパールクレアフォート
商品画像薬用アットベリー脇訴求
返金保証180日間返金保証60日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_3
保湿力review_5review_5review_4
持続力review_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状クリームクリームクリーム
内容量60g30g30g
価格2,980円4,750円4,960円
一日あたり99円158円165円

脇の黒ずみ解消!原因と治し方!人気クリームランキング! TOP