皮膚科で処方される黒ずみのクリームについて

更新日: 2017/08/17

皮膚科で処方される黒ずみのクリーム

脇の色素沈着による黒ずみは皮膚科でも治療することが可能です。
これから皮膚科で治療を検討したい方は、治療方法と処方薬についてチエックしてみることもできます。
皮膚科で脇の付け根の黒ずみを治療する場合、一般的にクリニックや症状によって治療方法は異なってきます。
しかし、一般的にはこれから紹介する処置がされることが多いです。

皮膚科で多いハイドロキノンクリーム処方

皮膚科では非常に一般的になっているハイドロキノンクリームでの脇の黒ずみ治療。
ハイドロキノンクリームは美白作用に高く、濃度調整済みのものを処方されます。塗り薬で使いやすいのでよく処方されることが多いです。
ハイドロキノンを使用する際には、塗りすぎや紫外線対策を十分にすることが必要です。
肌全体のバリア機能を低下させるデメリットもあり、肌の弱い方がいきなり高濃度のトレチノインと併用すると症状が悪化する場合があります。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用は刺激がとても強く、劇薬扱いにもなる成分です。
他の化粧品とは違い、使用する際が十分注意する必要があることです。
ハイドロキノンの副作用は24時間使ってみて、問題なければ発生することはないといわれています。

いきなり顔に塗るよりも、まずはじめにおしり、二の腕、肌の隠れている部分で試してみるとよいでしょう。
ただ、副作用といっても組み合わせて使う化粧水や乳液などで相性が悪く、赤み、痒みが出るかもしれません。
副作用に気をつけたい場合には、ハイドロキノン製造メーカーが推奨する化粧品や医師のすすめる化粧品を使うことがおすすめです。

また、ハイドロキノンの使用ではデリケートな肌の方など肌が赤くなった場合には、使用を中止し、3日ほど経過して問題なければ使用しても構いません。
ハイドロキノンの白斑は、配合率10%程度が配合されたクリームでは副作用がある場合があるみたいです。ただし、1〜4%程度の市販品ではあまりそのような心配はないようです。

また、ハイドロキノンを使用した際は、紫外線にとても弱くなるデメリットがあります。そのため、ハイドロキノンを使用する際は、一日回のみの夜の使用がおすすめです。ですので、ハイドロキノンを使用する場合には、必ず日焼け止めを使いましょう。

肌のターンオーバーを促進する成分、トレチノイン

皮膚科ではハイドロキノンクリームと並び、皮膚科でもよく処方されるものが、トレチノインクリームです。
トレチノインはビタミンA誘導体の1種で、肌につけると強力にターンオーバーを促すことが可能です。
結果的にはシミ・シワに効果を与える化学物質ですが、肌が生まれ変わるまでの間は、既存の肌をすべて剥がすことになり、半年は肌が痛々しい状態になる可能性があります。

トレチノインの副作用

トレチノインは日本ではまだ市販化されていないもので、アメリカではニキビやシミの治療薬としてFDAに認可されている成分です。
トレチノインはシミ・シワに効果を与える化学物質ですが、肌が生まれ変わるまでの間は、既存の肌をすべて剥がすことになり、半年は肌が痛々しい状態になる可能性があります。
酷くなると顔全体に赤みが出て、若干炎症した状態になる場合があります。
もっとも、皮膚科で処方されるトレチノインは濃度制限済みで安心です。

また、ハイドロキノンを塗っていても、紫外線対策をしていなければシミができたり、色素沈着を起こす場合があります。

妊娠中や授乳中には使用することはできませんし、顔全体に塗ることはできない、厚くぬると刺激が強くなるため、濃度の低いタイプのクリームから使用することをおすすめします。

ルミキシルは新しい美白成分

ルミキシルは、最近使用する人が増えてきた美白成分です。お肌全体の美白効果、老人性のシミ、肝斑、そばかす、色素沈着などさまざまなシミに効果があります。
ルミキシルは、米国スタンフォード大学の皮膚研究によって開発された、新しい美白成分Lumixyペプチドを配合した美白クリームです。天然のアミノ酸からなるたんぱく質なので、肌にはとても安心して使うことができます。

ハイドロキノンのメラニン抑制作用の美白効が17倍もあり、低濃度でも美白効果が得られます。肌への刺激が少なく敏感肌の方でも安心して使うことができます。
ルミキシルは肌の漂白剤といわれるハイドロキノンに代わる人気のブライトニング美容液です。

年齢からくるシミや黒ずみ、ニキビ跡など色素沈着に効果的です。ルミキシルの特徴は茶色の色素沈着の色に効果があります。
ルミキシルペプチドは肌にダメージを与えないアミノ酸でできているので、長期間使用することができます。また、表皮にうるおい、弾力感を与えて肌の栄養を保たせる効能があります。

肌を守りながらニキビ跡などを改善するのにはルミキシルがとてもおすすめです。

ルミキシルの副作用

ルミキシルの副作用としては、これまでに刺激性や肌荒れなどほとんど報告されていません。
白斑のリスクについても安心して使っていいと思われます。なぜなら、ルミキシルはメラニンを破壊することなく発生を抑えてくれるからです。
もし、アレルギーを持っている方やかぶれやすい方など、パッチテストをすることがおすすめです。
また、ルミキシルが肌に合わないと感じた場合には、使用を中止することが必要になってきます。

皮膚科で脇の黒ずみ治療のデメリット

皮膚科で脇の黒ずみの治療を検討する場合、皮膚科での治療が「最もよい」というわけでもありません。
レーザー治療は皮膚科でしかできないし、皮膚科での処方なら濃度制限などの面で安心感はあります。
ただ、皮膚科で脇の黒ずみ治療のデメリットというと、何度も通う必要があるということでしょう。
また、治療費も馬鹿にならないし、脇下という部分で治療には恥ずかしさが伴います。

脇の黒ずみ対策!おすすめ保湿クリームはこちら


 

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

商品名薬用アットベリーピューレパールクレアフォート
商品画像薬用アットベリー脇訴求
返金保証180日間返金保証60日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_3
美白力review_5review_5review_4
保湿力review_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状クリームクリームクリーム
内容量60g30g30g
価格2,980円4,750円4,960円
一日あたり99円158円165円

【皮膚科でいいの?】脇の黒ずみ5つの治す方法メリット・デメリット!黒ずみ原因とおすすめ保湿クリーム3選 TOP