ケミカルピーリングで脇の黒ずみは本当に治るのか?

更新日: 2017/11/24

ケミカルピーリングは費用も比較的お手頃で、しかも効果が高いといわれています。脇の黒ずみを除去する治療は病院、クリニックなどでも施術してもらえます。

ケミカルピーリングについて詳しく紹介します

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングは、医師が処方した薬剤を脇に塗布して行うもので、古い角質を除去するところからはじめます。
肌質などに合わせた成分や薬剤を使用することで、肌のターンオーバーなどについても正常化することができます。
肌の黒ずみの改善は古い角質を剥がすことと、肌表面に新しい肌を出すことで、黒ずみを改善していくことができいます。

肌に角質が残るとどうしてもターンオーバーがしにくくなる、といった点があります。そのため、角質を薬剤で剥がす方法でターンオーバーをしやすい状態にしてあげます。

ケミカルピーリングの効果

肌のターンオーバーをしやすくすると肌へのトラブルを回避できるようになります。
ターンオーバーがしにくい肌になると、ニキビやシミ、小じわ、くすみの原因になってきます。
肌トラブルを回避するためにも、ケミカルピーリングがおすすめですが、ケミカルピーリングの効果については、その人によって効果も違ってきます。

ニキビ跡におすすめできる方法です

ケミカルピーリングはニキビ跡によい治療とされています。ターンオーバーをしっかりと回復させることができますので、気になるニキビ跡を目立たなくしてくれます。
しかし、ニキビ跡でもクレーターと呼ばれているニキビ跡は凹んでしまっています。ケミカルピーリングではこのタイプのニキビ跡は効果が感じられません。

ケミカルピーリングは施術後のケアも大切です。そのケアを怠るときれいに治らないことも考慮しておいた方がいいです。
ターンオーバーを促す方法ではありますが、万能な方法とはいえないようです。

シミ・黒ずみの解消効果

ケミカルピーリングはシミの解消効果もあり、シミの角質を取り除くことでシミを薄くすることも可能です。
肌細胞では活性化してくるので、肌の深部にできたシミも薄くすることもできます。

自宅でのケミカルピーリング

ケミカルピーリングは自宅でもできるピーリングセットもあります。
基本的に皮膚科にいく時間がない人にはおすすめの方法ですね。
ケミカルピーリング用の薬剤も販売されており、薬剤を使って行うこともできますが、この場合肌に合うものを選ばないとトラブルを招いてしまう可能性があります。

ケミカルピーリングの副作用

ケミカルピーリングでも副作用も気になりますが、肌トラブルでは乾燥などが気になってきます。古い角質を取り除いているために、肌が不安定になり敏感な状態になっているからです。
乾燥などには気をつけて保湿や紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

費用面でのデメリットについて

脇の黒ずみのためのケミカルピーリングは、クリニックや病院での施術で、治療や施術にかかる費用の相場があります。
これは病院やクリニックによっても違いますが、だいたい1回につき5,000〜10,000円かかります。
通院回数としても、2週間から1ヵ月に1回のペースで通うところが多いようです。

1クールで5〜6回で、費用的には3〜5万円かかります。また、それで満足できいない場合、3クールほど通うこともできます。
ケミカルピーリングは脇の黒ずみの改善にかなり有効な方法だといえます。しかし、回数的には意外と通う回数が多くなり、結果的にはたくさんの費用がかかってしまうこともあります。

また、ケミカルピーリング終了後もお手入れ次第で、その後に再度施術しないといけないことになります。
日頃のケアは以外としっかりと行うことが大切だということです。
また、ケア製品をクリニックですすめられる場合がありますが、市販のものの2〜3倍ほどかかるようです。

脇の黒ずみ対策!おすすめ保湿クリームはこちら


 

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

商品名薬用アットベリーピューレパールクレアフォート
商品画像薬用アットベリー脇訴求
返金保証180日間返金保証60日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_3
美白力review_5review_5review_4
保湿力review_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状クリームクリームクリーム
内容量60g30g30g
価格2,980円4,750円4,960円
一日あたり99円158円165円

【皮膚科でいいの?】脇の黒ずみ5つの治す方法メリット・デメリット!黒ずみ原因とおすすめ保湿クリーム3選 TOP