黒ずみケアは食生活から始めましょう

更新日: 2017/08/02

毛穴の黒ずみは、食生活によって改善できるのです。まず、黒ずみはなぜできるのかというと、毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があり、誰でも必ず皮脂が分泌されています。正常ならば問題ないのですが、この皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴がつまりやすくなります。

そこに古い皮膚や汚れなどがつまって角栓ができます。その角栓が空気にふれることよって、酸化してしまい黒く目立ち、黒ずみとなります。

外部からのケアとして、洗顔やクレンジングを行う前に蒸しタオルで毛穴をひらいて、それからきれいに洗顔し、洗い終わった後は毛穴を引き締め、よごれなどがたまりにくくするなどのケアができます。

ですが、まずは体の中から皮脂の分泌をおさえること、これが予防にとても有効になってきます。食生活をかえるだけで、皮脂の分泌がおさえられ、黒ずみのできにくい肌に導くことができます。

肌に良い食事について

まず、皮膚などの主成分はケラチンです。硫黄を含むたんぱく質でできています。なので、こういったたんぱく質である、動物性脂肪をきちんととりましょう。肉や魚、肉なら牛肉や鶏肉が適しています。油の少ないものをとりましょう。

肌を作るのには良質なたんぱく質が必要です。なのでダイエットなどでたんぱく質をカットしてしまうと肌がぼろぼろになってしまうことがあるのです。

脂肪の多いものは皮脂の分泌が過剰になってしまうので控えたほうがいいです。豚肉の油はたくさんとり過ぎないように注意が必要です。

パスタや米などの炭水化物は肌の栄養にはなりません。また野菜は温野菜でたっぷりとるようにしましょう。生野菜はビタミン量が少なく、体を冷やしてしまいます。

体を冷やすと血行が悪くなり、肌の代謝が下がってしまいます。冷たい野菜ジュースも同じです。なお、温野菜で体をひやさないようにして、ベータカロチンの多く入った緑黄色野菜、ビタミンCを多く含むジャガイモやカリフラワー、レンコンやゴボウなどの根菜類をたくさんとるようにしましょう。

そのほかには牛乳にはビタミンA、B2、C、卵にはビタミンA,B2,Dがたくさん含まれています。手軽に取りやすいことから、毎日牛乳を飲んで、卵を食べるように機をつけましょう。

ビタミンB2は胃腸の働きが悪いと吸収しにくくなります。なので胃腸の調子を整えることも大事です。

また、甘いものにも注意が必要です。糖分をとりすぎると皮脂分泌量が増えてしまうのです。ビタミンB2は皮膚の新陳代謝を盛んにし、皮膚の毛細血管を丈夫にしてくれます。

皮脂腺の働きを抑えて皮膚をあぶらっぽくするのを防いでくれます。ビタミンCは抗酸化作用が強く紫外線や酵素によるダメージに対して作用してくれます。

ビタミンAは欠乏すると乾燥肌になり、角質の保湿機能が落ちてしまいます。そうすると皮脂を余分に出すようになり角質がつまってくるのです。

気になる脇の黒ずみや鼻のくろずみなど、体の中からのお手入れに力を入れてあげることで改善していけます。食生活をみなおして、黒ずみ知らずの肌を目指しましょう。

脇の黒ずみ対策!おすすめ保湿クリームはこちら


 

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

商品名薬用アットベリーピューレパールクレアフォート
商品画像薬用アットベリー脇訴求
返金保証180日間返金保証60日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_3
美白力review_5review_5review_4
保湿力review_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状クリームクリームクリーム
内容量60g30g30g
価格2,980円4,750円4,960円
一日あたり99円158円165円

【皮膚科でいいの?】脇の黒ずみ5つの治す方法メリット・デメリット!黒ずみ原因とおすすめ保湿クリーム3選 TOP