妊娠中の脇の黒ずみが気になるときの対策

更新日: 2017/11/13

妊娠すると、身体の様々な部分が黒ずむことは女性ならご存知ですよね。
一番初めに気付くのが乳輪、妊娠したと判明する証拠みたいなものです。
昔のドラマなどで観た覚えがありますし、自分の妊娠の判断も乳輪でした。

脇の黒ずみに関しては覚えが無いというか、鈍感だったのでしょうか、気になりませんでした。
でも、妊娠・出産を経て、身体の変化と共に消失するというか、元に戻るものと思っていましたから、産後も黒ずみを気にしている人がいるとは思いませんでした。

以下で、確かめていきましょう。

妊娠中の肌の黒ずみって?

乳輪の黒ずみの確認は簡単ですが、脇の黒ずみを確認するのは少し難しいですね。
衣服を着ていなくても、鏡に向かって腕を上げてみないと分からないでしょう。
でも、気付いて驚いた人がいるようですし、少なくはないようですから、個人差はあるにしても『妊娠時の肌色の変化』はいろいろとある様子です。

例えば「乳首や乳輪」「デリケートゾーン」「脇」「お腹」そして更には「シミやそばかす」まで増えることもあるようです。
これらの肌の黒ずみは妊娠中だけのことで、産後はホルモンのバランスが変化することで元通りになるのでしょうか。
「産後も残ってしまうかもしれない」と心配になって、入浴時にゴシゴシ洗ったり、慌ててスキンケアの美容品を購入したり、何かしないとと焦る気持ちが出てきます。

しかし、妊娠時のこれ等の黒ずみは「メラニン色素」が活発になったための結果です。
ゴシゴシ洗いは逆効果になる場合もありますし、スキンケアも正しく行われなければ効果はありません。
黒ずみを悪化させないためには、敏感になっている妊娠中の肌にどう対処すれば良いのでしょうか。

黒ずみの原因を知る

それでは妊娠中の肌の黒ずみは、どのような原因で起こるのか調べてみましょう。
普通の状態の肌が黒ずむ原因は、衣類・剃刀の摩擦、紫外線の影響でメラニン色素が活性化してしまって起きますが、妊娠中の黒ずみ発生はそれとは根本的に違います。

お腹の赤ちゃんを守り育てるために、必要なホルモンが多く発生して、今までのホルモンバランスとは全く違った状態になるためです。
そのホルモンがメラニン色素を増やすため、黒ずみは発生し進行していきます。
進行するままに放って置くと、黒ずみは濃くなって範囲も広がってしまいますから、適切なケアは必要になります。

しかし、出産後はホルモンバランスがまたもや変化しますから、それほど心配することは無いのですが、安心安全なケアなら続けると良いでしょう。

黒ずみ対策に効果的な保湿クリーム

妊娠時の気になる脇などの黒ずみは、肌が敏感な時期だけに安易な方法には注意が必要です。
しかし、何もせずに待つだけでは不安でしょう。
「もしこのまま黒ずみが消えなかったら」とか「夏になっても着たい服や水着が着れなかったら困る」とか、いろいろ考えてしまいますよね。
黒ずみを、悪化させてしまわないケアを考えてみました。

効果がとても高いのに「低刺激で敏感肌でも安心して使用できるアットベリー」という黒ずみ専用のジェルがあります。
肌のケアまで時間も気も回らない妊娠期間中でも、オールインワンなので「化粧水、美容液、乳液」の全てが含まれていますから、手間無しで安心して肌のケアが出来のです。

入浴後などに清潔になった脇などの肌にサッと塗るだけで、毎日の肌ケアは終了です。
塗ってすぐにサラサラ状態に変化するジェルタイプですから、非常に使いやすいですし、また潤いをしっかりと閉じ込めてくれるのでプルプルの肌にもなります。
これまで脇の美容までは気が回らなかった人でも、これで脇などの黒ずみ対策も出来るのですから、安心して出産も赤ちゃんの世話も出来るようになりますね。

脇の黒ずみ対策!おすすめ保湿クリームはこちら


 

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

商品名薬用アットベリーピューレパールクレアフォート
商品画像薬用アットベリー脇訴求
返金保証180日間返金保証60日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_3
美白力review_5review_5review_4
保湿力review_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状クリームクリームクリーム
内容量60g30g30g
価格2,980円4,750円4,960円
一日あたり99円158円165円

【皮膚科でいいの?】脇の黒ずみ5つの治す方法メリット・デメリット!黒ずみ原因とおすすめ保湿クリーム3選 TOP