メラニン色素の肌への役割と悪い影響について

更新日: 2017/11/13

紫外線との組み合わせでの「メラニン色素」については、いろいろとご存知のことでしょう。
昭和の時代は健康肌ブームとやらで、日光浴をして肌を焼いた小麦色の肌の美人が持て囃されました。
子ども達は夏休みに「真っ黒になった日焼け」を競い合ったものです。
太陽に当たって日焼けする原因が、「紫外線」と「人体内のメラニン色素」とに深く関係しているということ、美容に感心のある女性ならよく知ってるはずです。

メラニン色素は「日焼け」と言う働きで、人の肌や組織を守っているのですが、度を越すと肌が白かったり弱い人の場合には、焼き過ぎてやけど状態にもなりますし、熱を出したり、湿疹ができたり、その上「皺やシミの原因」にもなってしまいますから、体にとって紫外線の働きは良くないようですね。

夏場など「日焼け止め」無しでの外出はしないよう気をつけていますが、長い年月の間には積み重なっていくものはなんともしかたがありません。

女性にとっては日光から肌を守るために働くメラニンですが、美容の観点からすると最悪のものともいえます。
しかし、メラニンが日光から肌を守っているのは事実ですし、最近の日焼け止めは高性能化していますからしっかり用法を守れれば肌も守れます。

脇の黒ずみは何が原因

夏場の薄着の場合ならともかく、普段は肌をさらさないで衣服に包まれている脇の黒ずみはなぜ起こるのでしょうか。
メラニン発生の原因は、日光(紫外線)を浴びたことことだけで発生する訳ではありません。
メラニンは肌を守るために発生します。

「脇のムダ毛の処理」という女性の嗜みの作業、この処理が肌にとっては「外敵の攻撃」と勘違いしてメラニンの増加を促すのです。
さらにムダ毛の処理のような人の手で行うものに限らず、歩行や衣服のこすれにもしっかり反応してしまって色素沈着を起こすこともあります。
肌を守るための自然な身体の反応ですですから、一度克服したとしても、場合によってはまた再発する可能性が非常に高いのです。

しかもメラニンの反応は、脇だけに限りませんから、他の場所にも発生します。
このような身体の過敏な反応に対処して、肌の黒ずみを少なくするにはどうすれば良いでしょうか。

ケア製品で防げる?

脇などの黒ずみは、多少時間は掛かりますが、ケア製品を使えばある程度は回復します。
ケア製品の試用をおすすめしましたが、その後の再発防止策も考えておきましょう。
あなたのムダ毛処理の方法は、どのようにしていますか。

その処理方法が「黒ずみの原因」になっている可能性はかなり高いのです。
「カミソリでの処理」か「レーザー脱毛」でしょうか、自分での処理の場合は肌に傷をつけますから危険ではあります。
さらに

「きつい服でこすれていないか?」
「汗にかぶれやすい体質ではないか?」
「制汗剤の使用が過ぎていないか?」

等を考え合わせて、皮膚科のクリニックの受診をお勧めします。
そして、原因をつきとめることが出来たら、徹底的に避けて行きましょう。

使用している制汗剤が、黒ずみの原因になる場合はあります。 
「こすれることが原因の場合」は、徹底して衣服に気をつけましょう。
「制汗剤が原因」の場合は、肌にやさしい成分の低刺激性のものに変更しましょう。
治るまで消えるまで待っていては、なかなか結果は出てこないと思われますから、原因究明を自分で行ってそして対策をとることが大切ですね。

脇の黒ずみ対策!おすすめ保湿クリームはこちら


 

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

商品名薬用アットベリーピューレパールクレアフォート
商品画像薬用アットベリー脇訴求
返金保証180日間返金保証60日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_3
美白力review_5review_5review_4
保湿力review_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状クリームクリームクリーム
内容量60g30g30g
価格2,980円4,750円4,960円
一日あたり99円158円165円

【皮膚科でいいの?】脇の黒ずみ5つの治す方法メリット・デメリット!黒ずみ原因とおすすめ保湿クリーム3選 TOP