デリケートゾーンの黒ずみに効果的な成分

更新日: 2017/11/06

デリケートゾーンなど、お肌の黒ずみにお悩み女性は多いと思います。
お肌の黒ずみは一度なると治すのが非常に難しく、二度と落ちないように思われますが、様々なアイテムを使って、しっかりとケアをしていくことで、確実に回復していきます。
クリームやジェル、保湿液はもちろん、石鹸やボディーソープなども、黒ずみに有効とうたわれてるものがたくさんあります。

様々なアイテムは、それぞれメカニズムが違います。
メーカーごとに成分を独自の配合して、あらゆる観点から黒ずみに対処しています。

今回は、その黒ずみへの有効成分について、詳しくご紹介していきます。
もちろん、必ず全部入っていないと効果はない、というわけではありませんが、購入前には、以下のような成分が含まれているかを確認してみてください。
ちなみに、もし以下に紹介する成分が入っていなかったとしても、そのメーカー独自で開発した黒ずみ解消メカニズムがありますので、興味があれば使うのも手です。

デリケートゾーンの黒ずみに効く成分

アルブチン

まずは美白成分のアルブチンです。
メラニン色素の働きを抑制し、シミやそばかすなどを消す作用があります。
厚労省の認可もあり、美白成分の中でも特筆して効果のある成分です。
アルブチンは、人工となる合成アルブチンと、天然成分から抽出した天然アルブチンがあります。
人工のものだと刺激が強い可能性がありますので、できるだけ天然アルブチンを選ぶのがおすすめです。

ハイドロキノン

特にシミに効果があり、メラニン色素を生み出す細胞を減らすという役割があります。
お肌にはかなり強いものですので、濃度の制限もかかっており、皮膚科医などといった医師からの処方でしか、入手できません。

ビタミンC誘導体

お肌どころか、人体にとっての一番の栄養ともいえるビタミンですが、中でも美白に絶大な効果を持つビタミンが、ビタミンCです。
これをより肌に浸透できるよう改良したのが、ビタミンC誘導体です。
特にニキビの解消に猛威をふるい、抗炎症作用やコラーゲンの生成を促しますが、メラニン色素の抑制の働きもあります。

プラセンタ

プラセンタは、ターンオーバーの促進をする働きがあります。
デリケートゾーンの黒ずみは、お肌のターンオーバーの低下も原因ですので、プラセンタのようなターンオーバーの促進に役立つ成分も有効です。

アロエ

強力な抗炎症作用があり、火傷の応急処置として大昔から使われていた植物です。
現在はシミやそばかすを薄くする効果が評価され、メラニンの生成を抑制するためシミ予防にもおすすめです。
さらに、保湿効果もあるため、乾燥によって黒ずむ場合にも有効な成分です。

パルミチン酸アスコルピルリン酸

ビタミンC誘導体の一つで、ビタミンCに対してリン酸基とパルミチン酸基本を結合して作るもので、ビタミンCの弱点であった酸化のしやすさと、肌へのなじみにくさを解消した成分になっています。
これにより、通常のビタミンCの1万倍もの浸透性を持ち、浸透することでビタミンCに変化して、美白効果を発揮します。

浸透型ビタミンC

前述のような、肌の表皮に直接作用する水溶性ビタミンC誘導体と、表皮だけではなく真皮にまで作用する油溶性委ビタミンC誘導体の両方を兼ね備える、美白のためのビタミンCの完全体ともいえる成分が、浸透型ビタミンCです。
新型ビタミンC誘導体ともされており、浸透性が最も高いビタミンCとなっています。
前項のパルミチン酸アスコルビン酸をさらに改良した、パルミチン酸アスコルビン酸3naもこの浸透型ビタミンCの一種です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸という成分は、実は最初から人体に存在する物質です。
しかし、加齢とともに減っていくため、ヒアルロン酸入りの化粧水やクリームがたくさん販売されています。
保湿効果が高く、服との摩擦で黒ずむ場合に患部に塗ることで、解消していくことができます。

コラーゲン

コラーゲンも、ヒアルロン酸と同様保湿に特化している成分です。
お肌のうるおいを持続させることができ、塗るだけではなく内服できるサプリメントも数多く発売されているはずです。
コラーゲンを十分にとると、お肌のターンオーバーを正常に戻すことができますので、非常に便利です。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑の治療などにも使われる、アミノ酸の一つです。
メラニンの生成や炎症を抑える作用などがあるため、シミやそばかすの改善に効果的です。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは強い抗炎症作用が特徴で、トラネキサム酸と並んでイビサクリームなどに含まれている成分です。
マメ科の甘草の根、茎から抽出される薬用成分です。
直接美白効果があるわけではないですが、抗炎症作用によって強力にお肌を保護してくれます。

ビタミンE

ビタミンCと並んでお肌にいいビタミンが、ビタミンEです。
若返りのためのビタミンともされており、活性酸素に絶大な威力を発揮するビタミンです。
紫外線など、あらゆるようそで活性酸素が発生するため、活性酸素に効果があることで、結果的にメラニンの発生を抑えることにつながります。

脇の黒ずみ対策!おすすめ保湿クリームはこちら


 

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

脇の黒ずみ

商品名薬用アットベリーピューレパールクレアフォート
商品画像薬用アットベリー脇訴求
返金保証180日間返金保証60日間返金保証120日間返金保証
口コミ評価review_5review_4review_3
美白力review_5review_5review_4
保湿力review_5review_4review_3
肌への優しさreview_5review_4review_3
商品形状クリームクリームクリーム
内容量60g30g30g
価格2,980円4,750円4,960円
一日あたり99円158円165円

【皮膚科でいいの?】脇の黒ずみ5つの治す方法メリット・デメリット!黒ずみ原因とおすすめ保湿クリーム3選 TOP